合コンオフパコ体験談

あの時追いかけてきた彼が、今の旦那さんです。(女性・24歳)

私が合コンに行ったのは社会人2年目の時で、後にも先にもこの一度きりでした。

 

私は人見知りな性格なので、合コンなどの男女がワイワイする場は苦手でした。また、社会人になるまで女子校・女子大だったため男性と話すのが得意ではありませんでした。

 

しかしこの時の合コンは、同期に人数が足りないからどうか参加できないかと頼まれました。始めは断っていたのですが、何度もお願いと言われるとなぜかこちらが申し訳なくなり、OKしてしまいました。

 

合コンは、男女4名ずつの計8名で開かれました。私を含めた女性陣は皆同じ職場です。男性も友人同士で職業は様々でした。驚いたのは、自己紹介の時に男性陣がハイスペックだったということです。

 

医者や弁護士、研究者など普通に生活していたら絶対出会わない職業の方ばかりでした。

 

女性陣は皆この機会を逃してはいけないという風に見えました。普段より声のトーンが高く、服装もミニスカートやワンピースなどの女性らしい服装ばかりでした。その中で私だけ服装は野暮ったいし、自己紹介の際も声が震えて上手く話せませんでした。

 

 

お酒が進むにつれ、緊張感はだんだん解けていきました。ボディタッチをしながら話す同期もいたし、やたら世話を焼く同期もいました。私の心の中は「早く帰りたい」という気持ちでいっぱいでした。

 

やはり合コンのノリについていけず、ただただ愛想笑いなどをしながらその場をやり過ごしていました。

 

しばらくしてお手洗いに立った時、一人の男性が追いかけてきました。名前を呼ばれ振り返ると男性が「大丈夫ですか?」と歩み寄ってきました。

 

思わず後ずさりをしながら、大丈夫ですとだけ答え、お手洗いに入りました。用を足した後、さっきの男性がまだ待っているのが見えました。

 

何か用ですか?と聞くと、「僕も合コン初めてなんです。」と言われました。話を聞くと私と同じく人数合わせで仕方なく参加したとのことでした。

 

その人は私と対角線上に座っていた人だったので、あまり印象に残っていませんでした。

 

でもすごく話しやすくて、その場でしばらく会話をしました。その後、みんなの元へ戻り、周りは二次会だと盛り上がっていましたが、私とその男性は帰宅することにしました。たまたま帰りの電車が同じだったので、途中までご一緒しました。

 

すると彼が「うちで飲み直さない?」というので、悪い人ではないと思い、お邪魔することにしました。

 

軽くお酒を飲みながらいい雰囲気になり、そのままキスをしたり、まさかのオフパコしてしまいました。でも全然強引ということはなく、優しいエッチでした。

 

その時はそれで別れたのですが、その後同期からその男性が私の連絡先を聞きたがっているという話をされました。それをきっかけに私と彼は仲を深め、付き合うようになりました。

 

全く期待していなかった合コンでしたが、まさかの出会いに驚きました。彼がいまの旦那さんです。